カラマーゾフの兄弟

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジオ深夜便珠玉のことば より

<<   作成日時 : 2014/07/24 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ラジオ深夜便は父がタクシー運転手をしていた頃、
「こういうええ話があった・・・」とよく聞かされた。

ただ放送時間帯がだいたい寝ている深夜なので、
積極的に聞こうとはしなかった。

父が亡くなってから、ネットサーフィンしていて
大山康晴名人の講話(ラジオ深夜便)を聞いてから、
「あぁ〜、これはいい」と思い、
何かにつけて、目につけば聞くようにしている。
・・・と言っても生放送を聞くのではなく、CD化されたものや
NHKサイトで流されているものを聞いている次第。

以下は珠玉のことば〜深夜便からの100のメッセージ〜という書籍の中から
自分の琴線に触れたことばを抜粋してみた。




 お友達との関係を大事になさってください。
去る人を追う必要はありません。
最後に残る人間関係が
人生を楽しくしてくれます。 南和子(評論家)

※これぞ珠玉のことばと感じ入った次第。




 一流の人で
「仕事と遊びと学びは別」という人はいません。
名人の域に達すると、すべて一体になるんです。
もう一つ共通するのは、
いくつになっても学び続ける姿勢。
「これでいい」とは考えないんですね。 藤尾秀昭(出版社経営)

※自分は一体にはなってないですねぇ〜。




 年齢は関係ありません。
「きれいでいたい」という気持ちが、
その人をきれいにする源になるのです。 佐伯チズ(美肌師)

※「きれい」の部分を他の言葉に言い換えれば、
  応用がきく言葉として耳に入った。




 高校に行けなかったとき、
返品の山になったとき、
単身ニューヨークに乗り込んで
まったく品物が売れなかったとき、
何度も厳しい”冬”を経験しました。
でも、それを乗り越えれば
必ず”春”が来ると、
体で覚えさせてもらいました。 横内祐一郎(フジゲン株式会社会長)

※人生つらいことは数あれど、やはり春が来ると信じて
  生きるのが一番なのかと思った次第。




 年を取ってよかったことの一つは、
欲望の整理がうまくなったこと。
自分の持ち時間を考えたら、
あれもこれもと欲張っても
しようがありませんから。 吉沢久子(家事評論家)

※なるほどーと感心した次第。




 一日の終わりに日記を書いて
「明日はもう少し改善しよう」と考えると、
反対意見も受け止められるようになります。
反省の時間をきちんと取ると、
自分の心が冷静に読み取れるようになるんですね。 朝日俊彦(医師・前あさひクリニック院長)

※朝日先生の言葉として読む度に思い起こしたい言葉です。




 将棋は、前に進むだけだったら負ける。
「引く」ことができるから、
先手の有利性を生かせる
不思議なゲームなんですね。
この「むだ」や「マイナス」が
勝負には大切なことなんです。 米長邦雄(前日本将棋連盟会長・永世棋聖)

※名人ならではの言葉。実績のある人の言葉だけに奥が深い。




 そのお母さんは、
命の大切さを子どもたちに見事に教えて、
あの世へ旅立ったのです。
寿命としては短かったかもしれませんが、
その人生は充実していました。 鎌田實(医師)

※そのお母さんというのは自分の母かと思うと、
  最後に 「命の大切さ」を教えて逝ったのかな〜と思い返した次第。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジオ深夜便珠玉のことば より カラマーゾフの兄弟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる