カラマーゾフの兄弟

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・沈黙

<<   作成日時 : 2017/04/03 22:42  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

沈黙の映画を観てから、
遠藤周作の著作を読もうと思い起こした。
昔、20代の頃、加藤清正と小西行長を題材にした小説を読んだ。
松本清張もそうだけれど、歴史小説に優れた名作が多い。
自分はキリスト教徒ではないけれど、
遠藤周作の他の歴史小説を読もうと
kindleで『王の挽歌』を買った。

いやぁ〜これがすこぶるはまった。
まだ上巻の真ん中辺りを読んでいるけれど、
これほどはまるとは思っていなかった。
大友宗麟の話。
いままでゲームの信長の野望でしか知らなかった。
司馬遼太郎の本でもあまり出てこなかったように思う。
この人の人生が
このようなものであったとは知らなかったし、
九州の土地柄、大名ではなく、
地場の領主の群雄割拠であったことは
新しい発見であった。
奈良のように治めにくい土地柄だったのだと
今更ながら知った次第。

あとネットで検索してみると
沈黙のキチジローは若かりし周作氏自身であったとのこと。
映画の中でも、パドレを裏切るも、パドレに許しを請う
とんでもない人物だけれど、ご本人がキチジローは私だとは
知らなかった。

ちょっと面白かった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・沈黙 カラマーゾフの兄弟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる