カラマーゾフの兄弟

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都散策と銭湯

<<   作成日時 : 2017/02/08 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神戸に戻ってきてから、
京都や奈良に頻繁に足を運ぶようになった。
主に神社やお寺散策並びに博物館巡りだ。
学生からつい最近まで
京都へ行くのは観光がメインで
買い物に行くとか散策する
というようなことは全く頭になかった。
どのお寺へ行き、
次はどこの神社というように
密な予定を組んで動いていた。

図書館である本を見つけた。
『京都極楽銭湯案内―由緒正しき京都の風景』だ。
いわゆる銭湯は年々減ってきている。
そんななか京都には昔ながらの銭湯が残っている。
船岡温泉など建物の装飾に凝っている銭湯がまだ残っている。
いままで、
京都は観光と思っていたけど、
視点を変えて、こういった銭湯にも足を運んでみようと
考えを改めた。
神社仏閣を見つつも、午後3時頃に銭湯に行くようにした。
また今迄日帰りだったけど、
格安のゲストハウスを利用し、泊まりで行くようにした。
つまり旅行をするんだという気持ちではなく
京都にぶらり散歩に行くという気持ちに変えた。
急がず、見れなければ次の機会にしようと考えを改めた。
格安ゲストハウスのおかげである。
街並みをゆっくり歩いて見るようになった。
今迄なら次の目的地へ行くために通り過ぎるようなところにも
目につくようになった。
やはり歴史の差で神戸にはない古い建物が京都にはたくさん残っている。


話は変わって京都の歴史。
太秦は有名な渡来人の泰氏、
八坂神社は高句麗の八坂氏。
京都は多くの渡来人によって築かれてきたと言える。
その昔、一万年前は湖だったと知ってビックリした。
比叡山が島だったようである。
つくづく知らないことにハッとさせられる。

画像

画像

画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都散策と銭湯 カラマーゾフの兄弟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる