カラマーゾフの兄弟

アクセスカウンタ

zoom RSS 王子動物園の前身

<<   作成日時 : 2016/01/14 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

幼少の頃より、家族で何かと出かけていた王子動物園。

ふとしたことからwikiで調べてみると、
今の場所に出来たのは1951年(昭和26年)。

で、以前はどこにあったのか?

答えが諏訪山公園(諏訪山動物園)。
ビーナスブリッジや水の科学博物館の近くである。

で、ビックリしたのが
今も諏訪山公園内に施設(獣舎)跡が残っているということ。

↓当時の諏訪山動物園
画像


画像


画像


画像


画像


↓こちらは現在
画像

確かに獣舎跡らしきものが残っている。
↓こちらはわかりやすい。
画像



また丘に作っているため、ここには非常にスロープの長い滑り台がある。

<かつて動物園であった雰囲気がうかがえる。4:13頃滑り台から再生>

そういえば王子動物園にもあったなぁ〜と思い出した。
どちらも高低差があるところに建ててあるので作られたのだろうか。
王子動物園も結構、長い滑り台だったように思う。


で、色々調べてみると面白いことがわかった。
王子動物園内に遊園地がある。

<4:10頃遊園地内ブランコ>
子供の時にはそれがあること自体不思議にも思わなかったけれど、
よくよく考えてみると不思議である。
動物園をやるかたわら、
片手間に遊園地作ってみましたという感じではなく、
そこそこの施設のある遊園地だからである。

もともと王子動物園ができる前は
日本貿易産業博覧会神戸博(1951年)というものがあったそうで、
その神戸博の時に遊園地は作られた模様。

神戸博とはどんなものだったのか?調べてみたら
1951年3月20日付神戸新聞の記事をネットで見つけた。
『開会以来初めての日曜日をむかえ19日の神戸博第1会場は、
中小学生の団体や家族ずれピクニックを兼ねたアベックが
春日和の会場にドット訪れ、入場者約3万5千の入りを示した。
ほとんど整備された序曲、資源世界、生産などの本館、
20の特設館などは、熱心な観覧客で満員。
汽車、ジープ、飛行塔などの子供の楽園は子供だけでなく
大人達も大喜びで淡屋のり子、キドシン一座の出演する
屋外大演芸場がギッシリ人で埋まった」 とある。
さしずめポートピア'81博覧会に近いものだったのだろうと推測できる。


それを壊さずそのままにして今に至るというわけ。
なるほど、と合点した。
そういえば昔、野外劇場があった。
だいたい動物園に公開野外ステージというのも違和感がある。
それも神戸博の名残りということで、納得。
画像


野外劇場、どこにあったのか調べてみたら、
今チンパンジーやゴリラがいる場所にあった模様。
画像

いやぁ〜すごいです。
↓こちらの記事を読んでよくわかりました。
神戸博の痕跡(王子の野音)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
神戸博 日本貿易産業博覧会 昭和25(1950)年 について
先日の王子動物園の前身を調べていた際、 昭和25年に開催された神戸博について興味を持った。 ネットで調べてみたものの、 具体的にどういうものであったかについて中々 知りたい情報は得られなかった。 そんななか この博覧会についての書籍が見つかった。 詳細は『日本貿易産業博覽會神戸博會誌』を閲覧すれば、 どのような催し物であったかがよくわかる。 実に詳しく書かれている。 興味のある方はぜひご覧あれ。 ...続きを見る
カラマーゾフの兄弟
2016/01/27 16:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
王子動物園の前身 カラマーゾフの兄弟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる